ミニマリスト医学生のスタディサプリ勉強法

現役医学生です。雑記してます。

スタディサプリのメリット・デメリット!おすすめの人・おすすめしない人の特徴!

f:id:yuto0503:20170518161034j:plain

月980円で一流塾講師による神授業を受けられることで有名なスタディサプリ

最近ではCMなども話題になり、現在受験生の2人に1人がスタディサプリを利用しています。

 今回は実際に受験でスタディサプリを使って、現役で国公立医学部に合格した僕がスタディサプリのメリットとデメリットを説明して、スタディサプリに向いている人、六していない人を紹介します。

 

スタディサプリのメリット

安い

大手予備校に通うと、1講座で7万円程度。

5教科7科目の対策をしようとすると、年間50万円ほどの費用がかかります。

 どんなに安い塾でも月1万円以上はかかると思います。

しかし、スタディサプリは月980円ですべての講座が受け放題!

国語も英語も数学も理科も社会もすべての授業を受けても月980円!

 

現在、受験生の2人に1人はスタディサプリを受講しています。

やるのがデフォルト、やらないと差をつけられる。そんな状況です。

 

分かりやすい

大学受験を知り尽くしてる一流の塾講師の授業は受ける価値があります。

押さえるべきところをしっかりと押さえた授業なので、受験に直結した学力が身に付きます。

また、丸暗記ではなく、本質を大切にした授業なので、応用力がつきやすく、難しい問題にぶつかったときに何とか解答の糸口を探す力がつきます。

一人で勉強したり、質の悪い講師の授業を受けたりすると、きちんと理解しないまま放っておいたり、とりあえず丸暗記したりしてしまいます。

すると、似たようなひっかけ問題に引っかかったり、ちょっと難しくしただけで解けなくなったりするので、入試本番で知らない問題が出たら解けずに不合格になります。

応用力どころか、基礎力もきちんとついていないからです。どうしても参考書などで勉強したい人は基礎の上にしか応用は身につかないということを心して勉強してください。

 

スタディサプリの授業なら、しっかりと基礎の基礎から論理的に教えてくれるので、基礎力はもちろん応用力も身につけることができます。

 

頻出問題を厳選している

スタディサプリの授業は基本的に、「範囲の要点説明」→「問題演習」→「問題の解説」の流れで進みます。

内容の理解だけでなく、典型問題を解くことで、より実践的な学力が身に付き、難しい問題でもなんとか食らい付くための土台ができます。

問題の質も高く、難易度もちょうどいいので、内容を理解して、典型問題を自分で解いて、間違ったり分からなかった問題の解説をしっかり聞いて理解しましょう。

これをやれば、大学受験の基礎力は(東大志望でさえ)十分だと思います。

 

自分に合った授業が受けられる

スタディサプリの授業はレベル別に2つないし3つに分けられています。

まずは自分の今のレベルにあった授業を受け、その後、自分の志望校レベルに合わせて授業を追加することができます。

まずは、スタンダードレベル。

MARCHや地方国立大志望はハイレベルまで。

旧帝大や早慶、医学部志望はトップレベルまでやりましょう。

 

デメリット

メリットがあればデメリットがあるのも当然です。

スタディサプリのデメリットを紹介します。

 

サボろうと思うといくらでもサボれる

スタディサプリは家でオンライン授業を受けるので、集中力が切れやすいです。

家には誘惑がたくさんあります。勉強のモチベーションがない人はスタディサプリには向いていません。

塾のように誰かに強制されるわけじゃないので、授業を受けようとさえ思わないようになるかもしれません。

受験に対する意識が低い人はおそらく続かないと思います。 

 

問題演習が不十分

スタディサプリは参考書代わりになるし、参考書よりも分かりやすく、安価で、素晴らしいです。

でも、スタディサプリは問題集としては少し問題の量が寂しいです。もちろん、頻出問題は勉強しますが、範囲が複合した問題など、問題集で演習もしっかりやっておくべきです。

難しい問題に一人でチャレンジしながら得るものも多いので、スタディサプリの授業をある程度終わらせたら、自分で問題集を買って、勉強しましょう。

スタディサプリの授業で本質を理解して、基礎力をつけた後なら一人で勉強しても大丈夫だと思います。

 

進むのが遅い

授業のスピードがゆっくり目なので、人によっては退屈かもしれません。

1.4倍速、2倍速で授業を受けることも可能なので、遅いなーと思う人は試してみてください。

2倍はかなり速いですw

 

ということで、スタディサプリのメリット・デメリットでした。

スタディサプリに向いている人・向いていない人

最後に、スタディサプリがおすすめの人とおすすめできない人を紹介しておきます。

 

おすすめできない人

・やる気がない人

・すでに基礎力が完璧についている人(そんな人はごく稀ですがw)

 

おすすめできる人

・受験勉強を始めたいけど、何からしていいかわからない

・教科書を読んでも分からないところが多い人

・青チャートで分からない問題がある人

・一人で勉強しても全然進まない人 

 

まとめ

スタディサプリは、基礎の基礎から丁寧で分かりやすい授業が受けられます。

とにかく、授業を受ければ成績は伸びるので、やる気がある人はスタディサプリで授業を受けた方がいいです。

やる気がない人はスタディサプリに向いていないので、個別指導塾などに行った方がいいでしょう。

勉強が苦手な人はもちろん、MARCHや早慶、国公立大学志望の受験生、東大・京大・医学部志望の受験生にも役立ちます。

 

勉強が苦手な人は、数学はベーシックコース、そのほかはスタンダードコースで勉強しましょう。適宜、高1・高2の授業も受けることでより簡単なところからしっかり勉強できます。

基礎さえしっかりと理解できれば、応用は後からついてくるので、まずは基礎の基礎を自分なりに解釈しておくこと。典型問題を解けるようになっておくこと。

 

MARCHや地方国立大学レベルの方は、ハイレベルコースを授業しましょう。

 

早慶・旧帝大・医学部志望の方は、トップレベルコースを受講しましょう。

かなりレベルが高い問題も扱っていて、思考力や論理力を試される良問が多く、力がつきます。

 

スタディサプリ無料体験はこちらから↓

スタディサプリを2週間無料で体験する!

 

・関連記事

【口コミ】現役医大生が「スタディサプリ」で数学の授業を無料体験してみた!評判はどうなの? - 言葉にできる僕のすべて

【大学受験】英語を苦手科目から得点源にするためのおすすめの参考書・単語帳まとめ! - 言葉にできる僕のすべて

本当におすすめの大学受験・数学の参考書・問題集30冊! - 言葉にできる僕のすべて