ミニマリスト医学生のスタディサプリ勉強法

USMLEの勉強してる現役医学生。スタディサプリ信者。

2回留年して分かった、大学で留年するひとの特徴6つ!

どーも、ユウトです。
先日も記事にしましたが、ぼくは大学で2回留年しました。
留年するひとって共通点があると思うんです。
2度目の留年でやっと、留年しないためにやるべきことが分かったので紹介しておきますね。

生活習慣が乱れている、朝起きられない

多くのひとは、大学進学を機に一人暮らしを始めると思います。
一人暮らしは自由でとても楽しいですが、怠けようと思ったらいくらでも怠けることができます。
夜中遅くまで遊びに行ったり、夜中までゲームをしたり、テレビをみたりすると生活習慣が乱れ、朝起きられなくなります。
朝起きられなくなると、大学に行くのが億劫になり、大学に行かなくなって、単位を落として留年する危険性があります。
一人暮らしは楽しいですが、あまり生活習慣を乱さないように、実家暮らしのとき以上に早寝早起きを心がけましょう。一人暮らしではすべて自己責任です。
毎朝起こしてくれる母親はもういませんよ。
 

授業をサボる

高校生までは毎日学校に通ってサボったことのないようなひとが大学生になると突然、授業をサボり始めます。
大学の授業では、出席点が大きかったり、規定以上欠席をすると試験を受けられなかったりします。
留年したくないならとにかく出席しましょう。授業は最悪聞かずに寝ててもいいから出席だけはちゃんとしましょう。
たいていの大学では出席さえしとけばなんとかなります。
生活習慣が乱れていたり、朝が弱いひとも授業をサボりがちになるので注意しましょう。 
 

大学生の本分は勉強だと自覚してない

大学生になると遊ばないといけない、勉強なんかするのはダサい、という空気を感じます。
周りが勉強していなさそう、遊んでばっかりだと思って、自分を同じように遊びすぎて勉強をしなくなったら留年します。
勉強してなさそうなひとほど、影でしっかり勉強しています。要領がいいんです。
要領が悪い、高校生まで勉強ばかりしてきたひとは、大学で周りに流されて勉強しなくなると留年しますよ。お気を付けて。
あとアルバイトばかり頑張るひと。社会人になったら嫌でもずっと働かないといけないだから・・・。
 

友達がいない、ボッチ

友達大事!ズッ友だよ!心の友達、略して心友!おれのダチにて出したらタダじゃおかねえ!みたいな友達の話ではありません。笑
授業を休んだときに授業内容を教えてくれたり、ノートを写させてくれたり、授業の情報を教えてくれたり、過去問を回してくれたりする友達がいないと留年します。
大学の授業の内容は、高校生のときと比べるとかなり高度で難しいので、自分でまともに勉強しても単位を貰えないこともありえます。
友達を作って、授業で言っていた大切なところ、出題傾向や過去問などを使って試験対策をする必要があります。
大学ではひとりで勉強するよりもみんなで勉強した方が効率的です。友達を作りましょう。コミュ障は留年します。
一度留年すると、また留年するというのも、友達が進級してひとりになってしまい友達がいないことが原因とも言われています。実際、ぼくはそう思います。
それに、友達がいないと大学に行きたくなくなって、授業を休んでしまうことにも繋がってきます。
 

先輩の言うことを鵜呑みにする

先輩というのは概して自分を良く見せようとします。
先輩というのは概して自分が勉強しなくても単位もらえた話をしてきます。
喉元過ぎれば熱さを忘れるとはよく言ったもので、自分がそのとき苦労していても先輩となって後輩に伝えるときには楽勝だった、勉強しなくてもいけた、などと言ってきます。
先輩の言うことを鵜呑みにして勉強しなかったら留年しますよ。
彼らの言うことは話半分に聞いておきましょう。もちろん、めちゃくちゃタメになるアドバイスをしてくれる先輩もいますよ。
 

本試験を模試だと考えている

はい、これが一番ヤバイです。そして一定数います。特に大学生なのに勉強なんてダサいと思っている集団に多い。
どんな試験でも本試験で合格しましょう。
本試で合格さえすれば単位を落とすことはありません。留年することもありません。
死に物狂いで本試験での合格を目指しましょう。再試験にかかったらそこで負けです。
次落としたら単位を落とすor留年だという状況で勉強するのは精神的にきついです。
さらに、再試験は教授が落としにかかってくることも多く、本試験よりも問題が難しかったり、過去問が使えなかったりします。
再試験にかかると余分に勉強しないといけないし、良いことなしです。
兎にも角にも、試験は本試験で合格しましょう。
 
 

最後に

ということで、留年の要因になりそうな6つのことでした。
どれも当たり前のことですが、当たり前のことを当たり前にやることはそれほど容易ではありません。
大学生になったからと言って浮かれずに、初心を忘れず頑張ってください。
大学受験に合格して、燃え尽きるひとも多いので気を付けて。
正直、このページを見るくらい、留年に怯えているのなら留年しないと思います。
それでは。