ミニマリスト医学生のスタディサプリ勉強法

現役医学生です。雑記してます。

【大学受験】誰でも確実に英語を得意科目にするための勉強法!

f:id:yuto0503:20170428190318p:plain

「英語なんて言葉なんだ、やれば誰だってできるようになる」

だけど、やらなければ絶対にできないのも英語です。

  

大学受験において、特に理系では英語の得意・不得意が合格を左右すると言っても過言ではない。

もちろん、英語に苦手意識を持っている人は多いし、実際、英語は得意になるまで時間がかかる。僕も高2まで英語が苦手だった。

 

一方で、誰でも高得点を狙えるし、一度得意になれば安定して高得点を狙える科目でもある。

大学受験の英語は、ネイティブにとっては幼稚園レベル。

英語は結局言葉なんだから、勉強すれば誰でもそれなりにできるようになる。

 

今回は、センター試験で英語190点を取り、医学部に現役合格した僕が、大学受験英語を得意にするための戦略を紹介する。

具体的には、センター試験で8割~9割、地方旧帝大、地方国公立大学医学部を志望している受験生を想定している。それ以下の国公立大学志望者も参考になると思う。

 

東大・京大・東工大などの最難関大学を志望する学生にも活用できるけれど、十分ではなく、これ以外にかなりの演習が必要になる。

また、早慶・GMARCHといったハイレベルな私立大学の場合、出題単語のレベルが高く、文法問題もマニアックなため、それに特化した対策が必要になる。

TOEICの勉強にも応用できるので、TOEIC受験者の方にも目を通してほしい。

 

 

英語が得意になるまでの5つのステップ。

大学受験の英語で高得点を取るためにやるべきステップは6つ。

この6つのステップをしっかりこなしていけば、誰でも英語で高得点が狙えます。

 

1.単語力をつける

2.文法を理解する

3.文構造の解析を身につける

4.速く正確な長文読解力をつける

5.ライティング、リスニングのコツをつかむ

6.過去問をやり込む

とてもシンプルだけど、やるべきことはたったこれだけ。

 

ここから具体的に1つずつのステップを、センター試験英語の長文中の一文を使って説明していきます。

その例文がこちら

Psychologists have pointed out that well-established friendships lead us to a better understanding of ourselves.

みなさんはきちんとこの英文を和訳することができますか?

 

ステップ1:単語力が分かるレベル

単語は、英語の基本中の基本。料理でいう材料。

材料が無ければ料理を作られないように、単語が分からなければ英語を理解できません。

さっきの例文。

Psychologists have pointed out that well-established friendships lead us to a better understanding of ourselves.

 

単語力があれば、

psychologist:心理学者

point out:指摘する

establish:設立する、確立する

→well-established:上手く確立された

lead:導く

といった単語の意味が分かります。

すると、「心理学者が指摘する、確立した友情、導く、私たち自身のより良い理解」

という風に、なんとなく文の言っていることが分かります。

 

英語が苦手な人は、まず1冊英単語帳を完璧に覚えましょう。

英語が苦手な人は知っている単語が少ないことが多いです。単語帳一冊しっかりやり込めば、大学受験の英語に必要な単語は網羅できます。

見える世界が変わりますよ。

中学生レベルの英単語も分からない場合はもちろんそのレベルの単語帳をやりましょう。

 

ステップ2:文法が分かる

Psychologists have pointed out that well-established friendships lead us to a better understanding of ourselves.

文法をマスターしていれば、例文をみて、こう思います。

「have Vppだから現在完了形だ!」

 「thatからまた新しい文が始まってるから複文だ!」

「that内が無生物主語だから自然に訳そう。」

そして、こんな感じに訳します。

「心理学者たちは、上手く確立した友情によって私たちが自分自身をより良く理解するに至ると指摘した。」

これで、文章の意味は理解できました。

 

文法は、言語のルールです。

ルールが分かっていないと正しく理解できないし、正しい文章を作ることはできません。

 

英文法には、「文法問題のための英文法」と「長文読解・ライティングのための英文法」があって、英語を得意科目にするには「長文・ライティングのための英文法」をしっかりと理解する必要があります。

 

大学受験で、英文法と長文読解問題の比率を考えればその理由は分かると思います。

「長文・ライティングのための英文法」は暗記じゃなくて、理解が大切です。

それを肝に銘じておきましょう。

 

本質を理解するには参考書よりも授業を受ける方が効率的です。おすすめはスタディサプリ。

スタディサプリの関先生の英文法はシンプルで本質的に学べるのでおすすめです。

月980円とは思えないクオリティです。

 

ステップ3:文構造を理解する

文構造とは、英文の構造のことです。

主語、述語、目的語、補語、修飾語などから文章は組み立てられています。

いわゆるSVOC!

英文を読むときは常に文構造を意識することで、より正確に英文の意味を理解することができます。

例文をSVOCで表すとこんな感じ!

psychologistsが主語で、have pointed outが述語(句)、that以下の文章全体が目的語です。

さらにthat以下の文章をかんがえると、friendshipsが主語。

well-establoshedはfriendshipsを形容しているので修飾語です。

leadは述語、usは目的語、to以下は副詞句という風に文構造を解析できます。

 

こうすることによって、より正確に英文を理解することができます。

今回の例文は簡単だったのであまり意味を感じなかったかもしれませんが、例文が難しくなると文構造の解析の大切さが分かってきます。

 

下線の英文を和訳する問題では、文構造の解析が必須事項になります。

文構造をしっかりと理解しておかないと、文の意味を取り違えて不用意な減点となってしまいます。

 

長文の速読にも文構造の解析が役立ちます。これについては後述します。  

学校ではあまり習わないので、参考書等での自習が必要です。

  

ステップ4:長文読解(速く正確に読む練習)

単語、文法、文構造の解析ができるようになるまで長文をしない方がいいというのが持論です。

分からない単語ばかりで辞書を引き続けたり、文法が分からず単語の意味だけで推測して読んだり、文構造の解析ができないのにニュアンスで和訳をしたりしても、意味がありません。

少しは意味があるかもしれませんが、効率が著しく悪いです。

 

まず、単語・文法・文構造をマスターして、その基礎力を使って長文問題の読解をやってください。

長文は1つの文章の集合なので、一文一文の意味を理解できれば何も怖くありません。

 

要注意:やみくもに速く読むな!

長文は時間との勝負でもあります。

特にセンター試験は、どれだけ速く正確に読解できるのかが大切です。

でも、絶対に、やみくもに速く読もうとしないでください。

スピードだけを意識すると、正確性が失われ、結果的に安定して高得点を獲れるようになりません。

速読のコツは、結局、正確性の反復にあるんです!

 

長文速読のためのシンプルな戦略

 長文問題を解くときは常に文構造を解析しながら読みましょう。

 最初は、(物理的な)行間にSVOCや修飾語、副詞などを書きながら読み進めてください。

ぼくはSVOCを書き込みながら、修飾語は<>でくくる、被修飾語は□で囲む、副詞は()でくくる、という風に自分なりにルールを作っています。

最初は一文に物凄く長い時間がかかると思いますが、慣れてくるとどんどん書き進められるようになると思います。

最終的に、SVOCを書かずに頭の中で文構造を解析しながら文章を読めるようになります。

このレベルまでいくと、「速さと正確さを兼ね備えた読解力」が身につけられます。

この訓練を積めば積むほど、速さは増しますし、正確さが衰えることはありません。

速読とは、やみくもに速く読むのではなく、「英語の構造を瞬時に理解すること」です。

そのためには、長文をたくさん読むことが必要です。

 

リスニング・ライティングのコツをつかむ。

ここまで来たらあとは簡単。トレーニングを積むだけです。

ライティングでは、自分が正確に使える単語を使って、正しい文法と文構造で英文を書くだけ。

日本語の文はかなりまどろっこし書かれているので難しく感じるかもしれないけど、「結局、この文章で言いたいことは何なのか」を考えてみると、案外シンプルなことが多い。

よく出題されるパターンは、英作文の参考書で勉強して使えるようになるのが近道。

 

 リスニングの勉強法

リスニングでは、「音声が始まる前に選択肢を読んでおくこと」「過去問でディクテーションを繰り返すこと」「過去問を1.5倍速でも理解できるようにすること」の3つさえやっておけば、平均点以上は間違いなくゲットできます。

不安な人は、オンライン英会話で発音を勉強するといいと思うけど、大学受験に関しては少し効率が悪いかも。どうしても点数が伸びない人は、試す価値はあります。

いま高1生なら、将来も見据えてオンライン英会話で発音の勉強をするのもいい投資になるはず。ちなみにほかの記事でも紹介したけど、DMM英会話の発音コースがコスパ最高なのでおすすめ。

センター試験の発音・アクセント問題の絶対的な対策にもなる。

 

ステップ6:過去問を徹底的に分析する

「過去問を制する者が受験を制する」

センター試験や大学の二次試験など、過去問をしっかり分析して、過去問のレベルの文章をしっかり読めるようになりましょう。

過去問は最低5年、できれば10年以上やっておきたいです。

過去問を使った勉強法も後日紹介します。 

 

まとめ

とにかく、英語の勉強は地道にやるしかないです。

地道にやればだれでも高得点をとれる科目なのでがんばってください。

苦手な人が多い英語。得意になってライバルに差をつけましょう。 

・関連記事

タイプ別!安くておすすめのオンライン英会話4選! - 言葉にできる僕のすべて

短期間でTOEIC800点!本当におすすめの単語帳・参考書5選+α - 言葉にできる僕のすべて