【大学受験】英語を苦手科目から得点源にするためのおすすめの参考書・単語帳まとめ!

f:id:yuto0503:20170515180921j:plain

以前の記事で英語の勉強法について紹介しました。

【大学受験】英語を得意科目にするための勉強法とその手順。-言葉にできる僕のすべて

 

この記事では、英語の勉強を実際に始めるにあたっておすすめの参考書を紹介しています。

どの参考書も僕が実際に使ったことのあり、自信をもっておすすめできる本ばかりです。

ぜひ参考にしてみてください。

 

おすすめの単語帳

システム英単語

通称・シス単。大学受験では定番中の定番の単語帳。

ミニマルフレーズという短いフレーズで、英単語を覚えるのが特徴です。

単語のレベル、覚えやすさ、使っている人の多さを考えると、「間違いない単語帳」だと思います。

ぼくも実際に使っていました。

 

とはいえ、学校指定の単語帳があると思うので、そちらをやり込む方がいいと思います。どうしても合わないなら、シス単を試すのもいいでしょう。

大切なのは「一冊の単語帳をどれだけ完璧にするか」です。

いろんな単語帳に目移りしてどれも中途半端になるのだけはやめてください。

 

英単語ターゲット1900や、速読英単語などもいいと思います。DUO 3.0は大学受験だとちょっと微妙です。英会話の勉強には最適だけどね。

詳しい勉強法は後日紹介します。

もちろん音読用のCDも購入しましょうね。

 

英文法のおすすめ参考書

大岩のいちばんやさしい英文法

 丸暗記ではなく、理解しやすく覚えやすい英文法書です。

話しかけるような口調なので、読み進めやすいところもグッドポイント。

英文法の基礎の基礎は、この本でしっかりと理解するべきです。

 

スタディサプリがおすすめ!

英文法は仕組みを理解するのが大切だけど、やみくもに暗記しようとする人がいる。

英文法を理解せず暗記しただけでは長文読解やリスニング、ライティングで得点が伸び悩んでしまいます。

スタディサプリの関先生は、シンプルにロジカルに英文法を教えてくれます。

多数の書籍を出版している一流の塾講師の授業が月980円で受けられるスタディサプリ。

無料で2週間体験できるので試してみてください。

無料体験はこちら↓

【スタディサプリ】神授業を無料体験する

 

文法のおすすめ問題集

NEXTAGE(ネクステージ)

通称・ネクステ。

左ページに問題、右ページに解説というレイアウトになっています。

問題集だけど、文法事項が右ページにしっかりまとめられているので、問題を解きながら英文法を理解することができます。

文法問題は大学受験において配点が低いので、文法の問題集はネクステ以外必要ありません。

学校の授業や、模試、過去問演習などでやれば十分です。

心配な人は安河内先生の英文法レベル別問題集がおすすめ。

 

Next stageには、文法・語法・イディオム・会話表現・単語・発音の項目がありますが、すべてする必要はありません。

文法と語法は必須です。

左の問題を解いて、右ページで答え合わせをして、学ぶべきエッセンスを勉強してください。

問題をみて、一瞬で答えが出るレベルになるまでやり込みましょう。

必要な英文法の知識や理解が深まる良問揃いです。

 

イディオムに関しては、国公立大学の入試にはオーバースペックです。

かなりマニアックなイディオムも多いので、イディオムは長文を読む中で必要なものだけ、もしくは他の参考書で勉強した方が効率的です。

 

ちなみに、イディオムの勉強は、合格英熟語300―東大合格者も、これだけしか覚えていなかったがおすすめです。3日で終えられて、必要十分な量のイディオムが覚えられます。

 

単語の分野も目を通しておいた方がいいです

間違えやすく、頻出の英単語が勉強できます。

一度目を通すだけでも違いますよ。

 

発音のところはコスパが悪いので、個人のお好みで。

センターの発音・アクセント問題が著しく点が低いならする価値があります。

パターン化できる部分も多いので、発音・アクセントのポイントを押さえられます。

 

Vintageなど似たような文法書も多いので、お好きな参考書をひとつ選んでやり込んでみてください。僕はネクステ信者なので、ネクステ推しですが。

書店においてないことも多いので、事前に問い合わせ、もしくはネットでの注文がおすすめです。

 

おすすめの構造の解析の参考書

文構造の解釈の参考書はいろいろ試しました。

個人的にやってよかったものを紹介します。

 

基本はここだ!

「基本はここだ!」では、基本的な英文解釈が学べます。

基本だけど、基本が一番大切だということに気づかせてくれます。

英文が体に染み込んでいく感覚が味わえます。

 

入門英文解釈の技術70

SVOCのルールを学ぶならこの本。

SVOCを考えながら、長文読解の練習ができます。

70の方法がSVOCを考えるときのヒントになります。

 

ビジュアル英文解釈

かなり古い本なのですが、未だに売れ続けています。

古くても、役に立ち参考書というのは、本質を捉えています。

時代が変わっても、大切なものは変わらないということです。

小手先のテクニックではなく、もっと根底から英文解釈を学ぶことが出来ます。

 

おすすめの長文読解の問題集

長文読解の問題集を選ぶときは、「解答にSVOCが書かれてある」問題集にしましょう。

長文読解≒文構造です。解説にSVOCがあると文構造が分からない場合に役立ちます。

曖昧なままにしておくと、同じような英文でまた間違えてしまいます。

 

長文読解精講

かなり昔からある問題集です。

長文のレベルが適度で、ちょうどいいです。

もちろんSVOCが振られています。

 

英語長文ハイパートレーニング

ハイパートレーニングはとにかく解説が詳しいのが特徴です。

SVOCが解説にしっかり振られていて、解答の導き方も載っているので初めにやる問題集として最適です。

CDもついているので、ディクテーションや音読にも使えます。

 

長文レベル別問題集

こちらもハイパートレーニングと同じ安河内先生の本です。

解説はハイパートレーニングと比べると簡素で、必要最小限に抑えられているので、ある程度レベルアップした後にガツガツ長文を読むときに最適です。

もちろんCDもついています。(安河内先生は音読!音読!音読!といつも言っていますw)

 

英語長文ポラリス

こちらはスタディサプリの関先生の問題集。

「なぜこの長文を読むのか」が書かれているのが特徴です。

入試での頻出テーマの長文で、読むときの注意点を学ぶことが出来ます。

 

英作文のおすすめ参考書

大矢の英作文実況中継

一見難しい日本語を、どう解釈して、分かりやすい簡単な英文で書くかを学ぶことができます。

間違いやすい解答を紹介して、なぜ間違いなのか説明されている点も良いです。

英作文のコツをつかめるので、英作文対策はまずこの本からやるのがいいでしょう。

同じく大矢先生の書かれている大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編も良書です。

 

ドラゴンイングリッシュ英作文

英作文では、頻出問題の解答を暗記するのもひとつの手です。

多くの英作文暗記系の参考書では300文とか500文とか、とても覚えきれない量の文の載っているものが多いです。

この参考書は100例文ほどなので覚えやすく、エッセンスがぎゅっと詰まったものばかりです。

単語の意味や、解説が載っているので、身になる例文を覚えられます。

 

例題和文英訳教本

この参考書では、問題を解きながら、英作文のコツを学ぶことが出来ます。

難しい日本語を、分かりやすくして、英語にする「解釈系の英作文」です。

英作文のエッセンスが詰まっている良書です。

 

入試前には減点されない英作文にも目を通しておましょう。

 

おすすめのリスニングの参考書

センター英語リスニングをはじめからていねいに

かなり初歩的な内容ですが、リスニング対策をはじめるならまず最初にやっておきたい参考書です。

リスニングを基礎の基礎から学べます。

正直、リスニングに特化した参考書はこれだけにして、あとは演習を繰り返すのがいいと思います。

リスニングに小細工は効きません。

長文問題を読んだ後に、ディクテーションや音読をどんどんやっていきましょう。

心配な人はキムタツの東大英語リスニング BASIC

がおすすめ。

まとめ

以上、おすすめの英語の参考書でした。 どの参考書も素晴らしい出来なので、心変わりせずに一冊の参考書を完璧にやり込みましょう。 まずは英単語と英文法をしっかりと固めましょう。

 

・関連記事

志望校合格にコミットする大学受験の戦略的勉強法を紹介する。 - 言葉にできる僕のすべて

【大学受験】英語を苦手科目から得点源にするためのおすすめの参考書・単語帳まとめ! - 言葉にできる僕のすべて

本当におすすめの大学受験・数学の参考書・問題集30冊! - 言葉にできる僕のすべて