ミニマリスト医学生のスタディサプリ勉強法

USMLEの勉強してる現役医学生。スタディサプリ信者。

初めて海外にひとりで行って、フィリピン留学したときの話。

どーも、ユウトです。

f:id:yuto0503:20160130175242j:plain

先日、フィリピンのセブ島に語学留学に行ってきました。

フィリピン留学を知らない方のために説明すると、欧米で語学学校に通うよりもリーズナブルな価格で、さらにマンツーマンのレッスンを受けられることができます。英語の苦手な日本人にはメリットだらけの英語の勉強法です。

お隣の韓国ではとてもメジャーな留学で、最近日本人もどんどんフィリピン留学に行くひとが増えているようです。

ちなみにぼくが行ったのはこの語学学校↓

 リーズナブルで先生の質も高く、

寮のご飯もおいしいし、部屋も清潔感があって大満足でした。

 

初めて海外に一人で行きました

僕は6つの国に行ったことがあります。
アメリカ、イタリア、オーストラリア、フィジー、インドネシア(バリ島)、韓国。

でもこれは家族で行ったので何もかもすべて家族に任せきりでした。

今回のフィリピン留学ではすべて自分ひとりで計画を立てました。

航空券を取ったり、語学学校を選んで申し込んだり、クレジットカードやプリペイドの国際キャッシュカードを作ったり。

そしてもちろん、海外ですべて一人でしないといけません。
空港ではおなかが痛すぎて急いでトイレに入ったらまさかの女性用に入ってしまったり、
飛行機が予定より2時間遅れたりと、フィリピンに入国するまででもかなり苦労しました。笑

語学学校では平日は1日8時間授業を取っていたので平日は授業を受けて、その復習をしたら1日が終わるという感じでした。

そして土曜日曜はフリータイム。
僕がいた時期はちょうどフィリピン最大のお祭りであるシナログ祭があっていたのでそれに行ったり、マゼランクロス、セントエルニーニョ協会、要塞に行ったり、ダイビングのオープンウォーターライセンスを取得したりしました。

 

毎日が新鮮で刺激的

フィリピンでの生活は日本での生活とはなにもかもが全く違っていてすごく刺激的な毎日を過ごしました。

フィリピンの店員さんはすごく上手とはいえ接客中に鼻歌を歌っていますw

歩くの遅すぎだし、運転荒すぎだし、トイレにトイレットペーパーが絶対にないし、めちゃくちゃ親切でフレンドリーだし。

お店での注文の仕方が違ってたり、食べ物にハエが乗ってたり、ごはんの中に石が入ってたり。

日本では考えれないことばかりでした。


物価が安いからそのへんの屋台のものを食べてみたり、いろんなとこに行ってみたり、自分のしたいことが値段を気にせずにできました。僕場合はダイビングと英会話をしっかりとやることができました。

そして、日本というちっぽけな国のスタンダードでずっと生きてきた自分の視野の狭さに気づきました。

海外に行ってみる意義はここにあると思います。
知らない国に行って、その国の人や文化などに触れ合うこと。
そうすることで日本ではすることができない経験ができたり、より幅広い視点でものを考えられるようになると思います。

個人的にはこの2週間で自分のものの考え方(価値観)が変わりました。
今までは細かいことを気にしてしまっていたり、常に冷めてすましているようなタイプだったのですが、
すごく楽観的になったし、いろんななことに好奇心を持つようになりました。

20年も日本で過ごしていると、小さなときに比べてなにかもが当たり前で、新鮮で刺激的な出来事というのが無くなっていました。
だいたいどうすればどうなるかが分かってくるし、悪い意味でなにもかもが想定内の範囲の出来事ばかりでした。

それが、ひとたび海外に出ると
周りの人も、景色も、環境も何もかもが違う、何もかもが新鮮で刺激的な環境の中で生活することができるのか!海外に行くのって大事だな!と思いました。

 

新たな夢ができました

それは世界のいろんなところをバックパッカーで見て回ること。
まだ大学生なので春休み・冬休みのそれぞれ1ヶ月くらいいろいろな国を回ってみようと思っています。目指せ全大陸制覇!

もっといろいろな国のひとと話してみたい!いろいろな国の文化に触れてみたい!
そんな気持ちが芽生え、バックパックで世界を回ろうと思わせてくれたセブ島にはとても感謝しています。
このブログでは今後の世界旅行の報告もやっていきたいと思っています。