ミニマリスト医学生のスタディサプリ勉強法

現役医学生です。雑記してます。

【川口春奈主演映画】「一週間フレンズ」がピュアで切なくて泣ける映画でした

 2月18日に公開された映画「一週間フレンズ。」を見てきました。

 

 よくある少女漫画を実写化した映画なので、あまり期待せず、主演の川口春奈さん目的で観てきました。

でも、いい意味で期待を裏切られました。

 

かなり面白くて感動して、映画館で泣いてしまいました。笑

予告編

 
予告編を見たらわかるように、一週間で友達との記憶を無くしてしまう藤宮香織(演・川口春奈)と、藤宮さんに毎週月曜日に「友達になってください」と言い続ける長谷祐樹(演・山崎賢人)が主演の青春ドラマです。
 
あることをきっかけに記憶を無くしてしまうようになった藤宮さんは、友達のことを忘れてしまうために人と関わることを避けていました。
そんな藤宮さんと友達になろうとする長谷くん。段々と仲を深める2人。
 
でも、それでハッピーエンドとはいきません。
藤宮さんの記憶障害に関係のある人物が転校生として同じ高校に通うことになって・・・という話です!

映画全体の感想

とにかく山崎賢人演じる長谷くんのピュアで一途な気持ちが素敵で、だからこそ切ない。
大切に想っているからこそ、自分の気持ちを押し殺して、藤宮さんを混乱させないようにする長谷くんの姿に涙しました。
長谷くんのピュアな気持ちに心が洗われる素晴らしい映画でした。
 
エンディングは、スキマスイッチの「奏」です。
エンドロールで流れる「奏」は、映画の切なくてピュアな綺麗な世界観にマッチしていました。
映画の余韻を楽しむことができました。
エンドロールっていい映画を観た後に、現実に戻る前に、心を整理する時間なんだと気づきました。

川口春奈ファン的見どころ

まずは、おとなしくて人を避ける川口春奈さんの演技。
テレビ出演時などでは、どちらかというと明るくて、楽しいイメージです。
映画やドラマでも、意外とこんなに清楚な役はないんじゃないかなーと思います。
 
おとなしくて人を避ける藤宮さんが、長谷くんと出会って仲良くなるにつれて見せてくれる笑顔にキュンとします。
最初は、長谷くんに「友達になってください」と言われてもきっぱり「無理」と答える川口春奈さんもかわいかったです。

まとめ

ピュアな気持ちを思い出せる素敵な映画でした。
川口春奈さんのファンはもちろん、だれが見ても感動できる映画だと思います。
中高生がターゲットだと思いますが、実は歳のいった人の方が、忘れていたピュアな心に触れて感動するんじゃないかなと思いました。
一部の映画館ではまだ上映しているようなので、ぜひ映画館に足を運んでみてはどうでしょうか。