入院中の強い味方!洗い流さない水のいらないシャンプーを使ってみた。

入院生活も終盤を迎え、もうすぐ退院できそうな今日この頃です。

全然おいしくない病院食が数少ない日々の楽しみです。わびしい。

入院中に不便なことはいろいろありますが、そのひとつにお風呂に入れないというのがあると思います。もちろん、体調がよくなってくればシャワーを浴びられるのですが、シャワーの許可が出るまでは、お風呂に入れず、濡らしたタオルで体を拭くだけになってしまいます。

それでも体はそれなりに綺麗になるのですが、髪の毛は濡らしたタオルではどうしようもありません。

皮脂の分泌が多い頭皮は、ヌルヌルしてしまいます。

特に若いと皮脂の分泌が多く、一日お風呂に入らないだけでもベトベトになってしまいますよね。

かく言うぼくも皮脂の多いタイプなので、ベトベトの頭皮に悩まされました。

そんなとき、出会ったのが、「洗い流さない水のいらないシャンプー」です!

これなら、シャワーを浴びられない入院中でも、シャンプーをすることができます。

正直、やる前は本当に洗えるのか半信半疑でした。

でも実際に使ってみるとかなりさっぱりして、髪もサラサラになりました。

入院中や、避難生活などでかなりおすすめしたい商品なので、今回紹介したいと思います。

 

洗い流さない水のいらないシャンプーを買ってみた

 

ぼくが購入したのはこれ。

SHISEIDOの「水のいらないシャンプー」

使い方は簡単で、

  1. 直接髪の毛にスプレーをする
  2. 軽くマッサージをする
  3. タオルでふき取る

これだけです。

実際にぼくが使ったときは、濡れたタオルでふき取ったのですが、使用方法の欄を見る限りでは、乾いたタオルでふき取っても大丈夫なようです。

スプレーをして、マッサージをしているときは、すっきり感はなく、変な感じなのですが、ふき取って髪が乾いてくると頭皮の油が取れて髪もサラサラになったのが実感できると思います。

使用する量も、セミロングのひとで7~8回となっており、男性なら5回程度のスプレーで十分なので、とても経済的です。

ちなみに入院中以外でも、忙しい朝やスポーツのあと、徹夜明け、たばこのニオイが気になるきと、気分転換などでの利用も推奨されています。

まとめ

入院するまで存在さえ知らなかった洗い流さないシャンプー。

ぼくの場合はすぐにシャワーの許可が出たので数回しか使うことはなかったのですが、入院中持っているとかなり便利なアイテムではないかと思います。

人間の欲はとどまることを知りません。体調がよくなってくると、ベタベタの頭皮が気になって衛生の欲がでてきます。ほかにも、地震などで避難している方の多くが、お風呂に入ることのできないことを一番不便なことだと感じるそうです。今回紹介した洗い流さない水のいらないシャンプーなら、災害で避難して、シャワーの使えないときでも頭皮のベタベタから解放され、サラサラの髪で生活することができます。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。