ミニマリスト医学生のスタディサプリ勉強法

現役医学生です。雑記してます。

読んでみたいおすすめのミニマリスト本ランキングまとめ。

2015年は、僕がミニマリストを目指し始めるという記念すべき年になりましたが、
同様に「ミニマリスト」という言葉が2015年の流行大賞にノミネートされるなど、
ミニマリストが多く世間に広まった年でした。

 

知らない人のために簡単に説明すると、

ミニマリストとは、モノが氾濫する現代で、必要最小限のモノだけで身軽に生きようとする人のことを言います
 最近そのようなライフスタイルを目指している人が増えてきています。

そして、僕もそのひとりです。

このミニマリストブームとも言えるような状態の火付け役は、

「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」(通称:ぼくモノ)という本とその著者の佐々木典士さんではないでしょうか。

 

そして、
「フランス人は10着しか服を持たない」という本は、

2015年の本のベストセラーランキングでお笑いコンビ・ピースの又吉さんの、芥川賞を受賞した「火花」に次ぐ、第二位に輝きました。

  

2016年。
ミニマリストという言葉がかなり浸透してきました。

そして、多くのミニマルライフに関する本が出版されました。

 

そして、2017年。

一時的なブームに乗っかったミニマリストたちは去り、本質的なミニマリストたちがミニマルな生活を続けています。

これから紹介する本は、ミニマリストの生き方や、考え方、普段の生活が垣間見える内容になっています。

最小限主義

ぼくモノでおなじみの佐々木さんとともに、Minimal&Ismというサイトを運営されている沼畑直樹さんの著書。
ブログもよく読んでいるのですが、どこか詩的な文章に惹きつけられます。
ちなみにこちらがそのブログ。http://minimalism.jp/

 トランクひとつのモノで暮らす

人気ブロガー・エリサさんの著書。

エリサさんが実際にやっている実践的なミニマリスト術が書かれている。

ブログも読んでいるのですが、ハッとさせられるような記事が多くてまさにミニマリストブログ界のカリスマです。

ミニマリスト日和

こちらも言わずと知れた有名ミニマリストブロガーのおふみさんの著書。
ほぼ日手帳のイラストが素敵で、絵心のない僕はいつも感心しています。
ブログはこちら。

mount-hayashi.hatenablog.com

  

断捨離パンダのミニマルライフ

こちらも人気カリスマブロガーのおはぎさんの著書。

パンダのイラストがかわいいコミックエッセイ。

アイムミニマリスト

小さな家で暮らすライフスタイルの方々に注目した本です
小さな家でフットワーク軽く生活するというのは個人的にすごく興味があるのでぜひ読みたいなと思っています。

必要十分生活

こちらの本はミニマルライフを行ううえでの実践できる具体的なことが書かれており、書店で軽く立ち読みしておもしろそうだったので読んでみたいです。
Kindle版は格安で購入できます。  

モノは最小限、幸せは最大限

ミニマリスト20人の生活が紹介されている本。 

「何もない部屋」で暮らしたい

ミニマリスト10人の生活が紹介されている本。  

減らす技術

少ないものに集中するという僕個人の目指すミニマルライフに一番合っているような気がする。 

まとめ

たくさんのミニマリスト本があり、

今後も増えるようですね。

 

たくさん読んでいきたいと思っています。

www.panda3601.com

www.panda3601.com

www.panda3601.com