ミニマリスト医学生のスタディサプリ勉強法

現役医学生です。雑記してます。

おすすめのシャーペン10選!実際に使ったものだけを厳選!

どーも、ユウトです
ぼくは中学生のころからシャーペンが好きで、よく集めていました。
大学生になってからは文房具店でアルバイトをしています。
なので、かなり文房具には詳しいと自負しています。
今回は、ぼくが実際に使っていいなと思ったおすすめのシャーペンを紹介しています。

太いシャーペン

太いシャーペンの方が一般的には疲れにくいと言われています。
長時間の筆記をする方におすすめです。
 

Dr.Gripドクターグリップ

疲れにくいシャーペンといえばまず名前が挙がるのがこれ。
ドクターグリップは、人間工学に基づいて疲れにくいような構造になっています。
実際、ぼくはいまドクターグリップのみを筆箱に入れています。
ちなみに、ぼくの筆箱の中身はこちらの記事で紹介しています↓
 

αゲル

ぼくが小中学生のときに流行ったやつ。いまでもかなり人気です。
特徴は、なんといってもそのグリップ。ゲル状になっていて長めの筆記でも指が痛くなりません。
生卵を上から落としても割れないほどの衝撃吸収力があるというCMがテレビで流れていたのをおぼえている方も多いのではないでしょうか。
筆圧が強く、長く書いていると中指の第一関節のあたりが痛くなる方に特におすすシャーペンです。
以前は僕も筆圧が強く、中指にタコができて困っていましたが、このシャーペンのおかげで解消されました。
現在は、万年筆を使っていくうちに筆圧が弱くなり、痛くならないようになってので使っていません。
 

ニュースパイラル

最近はあまり売っているのを見ませんが、まだ発売しているようです。
こちらも僕が小中学生のときに流行っていたシャーペンです。
人間工学に基づいた独特のスパイラル状になっており、筆記時に手とシャーペンの接触面積が大きくなることで、疲れにくくなっています。
実際使ってみると分かりますが、めちゃくちゃ書きやすく、疲れにくくおすすめです。
 

ジャストミート

このシャーペンの一番の特徴は、野球用木製バットの制作時に発生する端材を再利用するアオダモで作っていること。
なんかちょっといいですよね。
ぼくは小さいころからずっと野球をやっていたこともあり、魅力を感じ購入しました。
木のぬくもりを感じられるのがいいです。
ちょっと指が痛くなりがちなんですけどね。
 

ステッドラー1.3mm

太さ1.3mmという芯の太いシャーペンです。
スケッチ用らしいのですが、ガシガシかけるので普段のノートにも利用できます。
芯が太いので、マークシートの試験での利用もおすすめです。
グリップが三角形になってとても持ちやすいです。
特徴的なデザインで、周りとかぶらないのもいいですね。
 

細いシャーペン

細いシャーペンは、フィット感があり、操作性が高いのが魅力です。製図用シャーペンも細いものが多いですね。

デルガード

こちらは2年近く前に発売されたシャーペンです。
一番の特徴は、芯が折れにくいこと。
強く押すと先端が出てきて折れないようになっています。
シャーペンの芯が折れるとイラッとしてしまいますが、このシャーペンならそんなことが無くなります。
でも、あまり芯を長く出しすぎると折れてしまうので注意してください。
 
折れないシャーペンとしては、オレンズやオレーヌも人気です。
折れないシャーペンなら、0.3など折れやすい細いシャーペン芯を使うのがおすすめです。
 
 

スマッシュ

最近大人気のシャーペン。
製図用のシャーペンを普段使いできるように作られたシャーペンです。
製図用のシャーペンの良さと普段使うシャーペンの良さを持ち合わせています。
書き心地がかなりよく、製図用シャーペンのように操作性にも優れています。
一般的な製図用シャーペンと違って、グリップに柔らかいイボイボがついていて疲れにくく手に馴染みます。
 

クルトガ

未だに大人気のシャーペン。
芯がクルクル回って、文字の太さが常に均一に保たれるシャーペンです。
小さな字を書く女子に特に人気があるように感じます。
個人的には、グリップがプラスチックで痛いのであまり使っていません。
ちなみに、クルトガ機能を搭載した、グリップはαゲルのシャーペンも発売されています。
実はまだ試したことはないです。
でも、ぼくの求めている機能がすべてそろっているので、今使っているシャーペンが壊れたら試してみようかと思っています。
 

グラフギア1000

製図用シャーペンです。
シャーペンにしてはかなり重いのです。
でも逆にそれがクセになります。
こちらも製図用のシャーペンとしては珍しく、グリップに柔らかいトゲトゲ(?)があるので、疲れにくく指が痛くなりにくいです。
また、シャーペンの先をしまうことができるので、シャーペンによくありがちな先っちょが曲がって芯が出なくなるというようなことがなくなり、長く使うことが出来ます。
 

ロットリンク600

こちらも製図用シャーペンです。
祖父が持っていて、何度か使ったことがあります
重心が低く安定して書くことが出来ます。
高級感があり大切に使っていけると思います。
Amazonのレビューでもかなりの高評価なのでおすすめです。
 

まとめ

シャーペンは勉強のモチベーションを上げてくれたり、自分の相棒のような存在になったりするものです。
テストが大変な学生のみなさんはシャーペンにこだわってみてはいかがでしょうか。
今回紹介したシャーペンはすべてぼくが使ってよかったと思ったものばかりなのでぜひ参考にしてみてください。
 

今日の美女

尾形春水さん。モーニング娘のメンバーです。